読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

揺れ男の日記

アラサー男子の仕事、恋愛、ゲーム、何でも書くよ。

おすすめのPS4ソフトベスト10をランキングで紹介

20150917 (7).jpg

PS4も5000円値下げされることだし、僕がおすすめするPS4ソフトベスト10をランキング形式で発表したいと思います。和ゲー、洋ゲー問わず、ジャンルもRPG、アクション、シューティング、タクティカルエスピオナージアクション、FPSと多岐にわたっているはず。足りないのはシミュレーションくらいかも。基本的には僕がプレイしたことのあるゲームです。未プレイのゲームをランキングするのは流石に良心が咎めるのでね。ただしクリア済みとクリア未があります。

ではでは10位から発表していきます!

第10位:キルゾーン シャドウフォール ジャンル:FPS 20150917 (1).jpg PS4発売当初にバトルフィールド4と迷った挙句に、ファーストであるSCEから発売され縦マルチのないPS4オンリーのソフトということで、このソフトを購入しました。PS4のグラフィックの性能を堪能したかったんです。何気にFPSはこのソフトが初めてでしたが、マルチプレイは時間を忘れてプレイするほどかなりはまりました。自重する意味でやめた記憶があります。特徴はヘッドショットを決めたときのピコン!ていう音。あれが快感になります。Amazonでは1900円くらいで手に入るのでPS4のグラフィックをとりあえず体験してみたいという人にはおすすめです。

第9位:メタルギアソリッド5 グラウンドゼロズ ジャンル:タクティカルエスピオナージアクション 20150917 (4).jpg 時系列的にはメタルギアソリッドピースウォーカーの続編、メタルギアソリッド5本編であるファントムペインの前日譚になります。ビッグボスが悪に堕ちるきっかけとなる事件がこのソフトで描かれます。PS4になってグラフイックも向上した他にもアクションが洗練されています。ボリュームは確かに少なく、物足りなく感じるかもしれませんが、その代わりにサイドオプスと呼ばれる様々なミッションを行うことが出来ます。値段もお手軽なのでファントムペインの前に次世代のメタルギアソリッドを体験してほしいです。

第8位:バットマン アーカムナイト ジャンル:アクション 20150917 (6).jpg ロックステディが開発、ワーナーブラザーズが販売、海外のメディアで高評価を受けたバットマンアーカムシティの続編である本作。前作と同じくオープンワールドを採用しワイヤーでビルに飛び移り、バットスーツで空を飛びまわり、路上ではギャングをフリーフローコンバットでぶちのめす、そんな最強のバットマンゲームです。本作ではさらにバットモービルが登場し、さらにバットマンへの没入感がアップしています。ただ期待が大きすぎたのか、前作からの既視感が強かったのか、個人的には8位になりました。ただ初めてアーカムシリーズをプレイする人にはおすすめのソフトです。

第7位:ファイナルファンタジー10/10-2HD ジャンル:RPG 20150917 (5).jpg 言わずと知れたPS2の名作ファイナルファンタジー10です。PS3PSVitaではHDリマスターとして発売されていましたが、満を持してPS4に登場です。PS4版の方がグラフィックも少し向上し、ロードも短くなっているとかいないとか。10/10-2が入って値段は1本のソフトよりも安いのでコレクションとしてもおすすめです。PS2版をプレイしたのがほぼ十年前なので新鮮な気持ちでプレイできますし、2回目なのでイベントの意味やキャラのセリフ、感情がより深く感じ取れて切なく感じます。感動のRPGを体験したい人はぜひ。

第6位:ファイナルファンタジー零式HD ジャンル:RPG 20150219001616344.jpg PSPで発売されたファイナルファンタジー零式のHDリマスター版です。このソフトもストーリーは暗く、重く、戦争ものとファンタジーが融合したストーリーです。FF13よりもこっちのほうが個人的には好きです。学園パートも戦闘パートも楽しいです。アクションとキルサイトを使って瞬殺できる戦闘が楽しいです。 僕が書いたファーストインプレッションはこちら

第6位:RESOGUN(レゾガン) ジャンル:シューティング 20150917 (1).png PS4初期のPS+で無料で手に入れた本作。DLゲームと侮ることなかれ、美麗なグラフィックと爽快感がそこには待ってました。円柱状のステージを舞台にしたサイドスクロールSTGです。上下左右から襲ってくる敵や弾幕をかわし、敵を打ち落としながら、ステージに設置された人間を助け出すシューティングです。弾幕シューティングと思いきや、なかなかの段取りゲームです。1500円とは思えないクオリティと面白さです。これぞ次世代シューティング。

第4位:ラストオブアス リマスター ジャンル:サバイバルアクション 20150917 (2).jpg バイオハザードの正当進化がここにはありました。そして極上のロードムービーを見ているかのようなストーリー。基本はバイオと同じくサバイバルアクションです。襲ってくる感染者を倒し、かわしつつ、ストーリーを進めていく感じです。中年のおじさん主人公であるジュエルと10代の少女であるエリーとの絆を描いていく本作は世界中でたくさんの評価を得ています。PS3版もありますが、ぜひPS4で体験してください。 僕が書いたクリア後の感想はこちら

第3位:ブラッドボーン ジャンル:アクションRPG 20150325012751504.png デモンズソウルを手がけたSCEフロムソフトウェアが再びタッグを組んで作成された本作。ダークでゴシックな世界の中で血に飢えた獣達と死闘を繰り広げるゲームです。基本はデモンズソウルやダークソウルと同じ死にゲーです。ボスを倒した時のカタルシス、雑魚的にも緊張する戦闘。アクションRPGとしてすごく完成度が高く、日本のPS4の真のロンチソフトだと思っています。PS4を手に入れたならぜひプレイしてもらいたい1本です。 僕が書いたファーストインプレッションはこちら

第2位:メタルギアソリッド5 ファントムペイン ジャンル:タクティカルエスピオナージアクション 20150827004343599.jpg 2週間前に発売された本作が堂々の2位です。メタルギアソリッドの最高傑作であり、和ゲーの中でもトップクラスのクオリティとボリュームがあります。本作はオープンワールドになったこともあり、従来のステージ型の潜入から自由潜入へと変わっています。東西南北、自分の好きなところから潜入を開始できるんですよね。これでゲームの難易度や潜入プロセスがガラッと変わるので、同じミッションでもやるたびに違った面白さがあるんですよね。舞台はゲームから本物の戦場に変わりました。

第1位:シャドウオブモルドール ジャンル:アクションRPG 20150917 (3).jpg 映画『ホビット』と『ロードオブザリング』の間を繫ぐストーリーをゲームとして描いている本作。バットマンと同じくフリーフローコンバットを採用しているので、ボタンを押すだけで格好いいアクションでオーク達をバッサバッサと切り落としていくことが出来ます。そして本作の最大の特徴がネメシスシステム。プレイヤーと戦って逃げた敵が成長して再び現れたり、敵のオーク同士が権力闘争を起こしたり、ウルクなどを洗脳して自分の配下にし軍団を編成することができます。このシステムが敵が生きている感じがして、従来のアクションやオープンワールドとは一線を画してます。僕もこのソフトにはドハマりして、人生初のプラチナトロフィーを取るくらいまでやりました。マイナーですがもっとたくさんの人にプレイしてもらいたいソフトです。 僕が書いたファーストインプレッションはこちら 僕がプラチナトロフィーを取った記事はこちら

ということでおすすめのPS4ソフトベスト10でした。購入したソフトが丁度10本だったのは内緒です。無理やりRESOGUNをねじ込んだ感は否めないですが(汗) ほんとはドラゴンエイジインジェクション、ウィッチャー3、ドラゴンクエストヒーローズなんかもおすすめしたいんですが、未プレイなもので。フリープレイでゲットしたソフトもあるので、また来年あたりには新しいランキングが出来ているかもしれません。

PS4は世界的にもPS2以上のペースで売れているので、これから日本でもたくさんソフトが出ると思います。ブログでも紹介していますが、面白そうなソフトが何本もありますので、これから購入を考えている人は安心して買っていいと思います。

そして3DSWiiUPS3のおすすめランキングもやりたいなと思っています。こちらも購入済みのソフト限定で。ベスト10でもなかなか大変だったのに、3DSなんで30本くらいプレイしてますからね(汗)